• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • 出産祝いのマナーシリーズ#3「出産祝いに贈ってはいけないものやタブーについて」

出産祝いのマナーシリーズ#3「出産祝いに贈ってはいけないものやタブーについて」

休暇
未分類

こんばんは!ベルビーweb部門イワサキです!
出産祝いを贈る方必見のマナーシリーズ第3回!!

「出産祝いに贈ってはいけないものやタブーについて」です!

本題に入る前に、ベルビーべべからのお知らせです!
休暇
期間中にご購入を予定されている方はご注文の日時にお気をつけてくださいね!

それでは、出産祝いを贈る際に気をつけたいタブーについて
お話をしていこうと思います!

出産祝いに贈ってはいけないものはあるの?


お祝いの品ですから、贈った相手が困ったり嫌なものを贈りたくないですよね。
基本的には贈ってはいけないものはありませんが、一般的に縁起が悪いイメージのあるものは
できるだけ避けるのがベターです。
出産祝いにふさわしくない贈り物といわれているものは下記のアイテムです。

「日本茶」
若い方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、一般的には弔辞に使用されることが
多いので出産祝いには避けたほうが良いアイテムです。

「刃物」
なかなか刃物を贈る方は少ないとは思いますが、
縁が切れるや切るという意味から贈り物には避けるのが良いでしょう。

「ハンカチ」
涙をぬぐうなど別れを連想させてしまうためハンカチのみを
贈ることは避けたほうが良いでしょう。

出産祝いのタブーとは?


出産祝いのタブーとして絶対に避けるべきこと、
タブーとは違うけれどマナーとして避けたほうが良いことをご紹介します。
せっかくの贈り物ですから喜んでもらえるように気をつけてみてくださいね。

●出産前に出産祝いを贈らない
最近ではベビーシャワーなどでお祝いする方も増えてきていますが、
出産前に出産祝いを贈ることは不測の事態が起こることもありうるので
出来るだけ避けるのが良いでしょう。

●お祝いの言葉に気をつける
出産祝いのメッセージで使ってはいけない言葉として
「きえる」、「なくなる」、「たえる」は縁起の悪い言葉なので
言い回しを変え、使わないように気をつけましょう。
また、職場の方に贈るメッセージでは育児休暇を取っている場合は
「休めて羨ましい」といった言い方や「○○さんが居ないから仕事が大変で」など
相手を傷つけることもありますので避けたほうが良いです。
どんなに仲が良くても出産や初めての育児でお母さんはナーバスになりやすいので
あたたかくやさしい言葉を選ぶのがベストです。

●出産してすぐに会いに行かない
赤ちゃんが産まれたという報告はうれしいものです。
仲が良ければ良いほどすぐに会いに行きお祝いをしたいと考えてしまいますが、
出産直後は休養が必要だったり授乳のため不規則な睡眠で眠りたいお母さんも多く
迷惑がかかる可能性がとても高いです。
一般的には生後1週間~1ヶ月程度の間に贈るのが良いとされています。
その中でも特にベストといえる時期は生後2~3週間あたり。
お母さんも落ち着いてきている頃なのでより出産祝いを喜んでもらえることでしょう♪

●訪問する場合は長居しない
自宅へ訪問してお祝いを渡す場合はなるべく人数は少なく、
長居せず負担にならないように訪問しましょう。
また、事前に赤ちゃん・お母さんの体調などを確認することも気をつけたいですね。

●配送の場合は届く時間に気をつける
出産祝いを配送で贈る場合も多いかと思います。
その場合はなるべくお母さんが対応しやすい時間を事前に聞いておけるとベスト!
赤ちゃんのお世話で手が離せない時間や迷惑になりそうな時間を避けて配送すれば
より喜んで贈り物を受け取ってもらえますよ!

まとめ


いかがでしたか?
出産祝いのタブーとして一般的なものをご紹介しました。
出産祝いを贈る際に参考にして
喜ばれる出産祝いを贈ってください♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。