おむつケーキの贈り方



おむつケーキの贈り方

『おむつケーキ』の贈り方

おむつケーキの贈り方

出産祝いとして『おむつケーキ』を贈るときに気をつけたいマナーや相場などをご紹介します。
「いつごろ贈ればいいの?」「どんな風に?」「相場は?」などなど、
『おむつケーキ』を贈るときに気になるポイントがいっぱい。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


出産祝いの本当の意味 出産祝いを贈るタイミング
出産祝いの本当の意味 出産祝いを贈るタイミング



おむつケーキの贈り方

出産祝いの本来の意味は?

おむつケーキの贈り方

出産祝いの本来の意味には、

  赤ちゃんの誕生を祝い健やかな成長を祈る意味と、
  無事な出産を終えたお母さんへのお祝い、
  新しい命を迎えた家族へのお祝い

といった意味があります。 古来、出産・育児に関しては、多くの行事やしきたりがあります。
これは、出産には危険が伴い、乳幼児の死亡率も高かった時代に、
安産と赤ちゃんの成長を神仏に祈願したことがはじまりです。
昔から「産は女の大役」といわれ、女性にとって経なければならない難事であり、
産神(うぶがみ)が妊娠・出産・育児をつかさどっていると考えられていました。
そこで、無事に出産が終わると、産神に供え物をし、近隣に赤飯を配ったということです。
現代でもお産は大変なことです。母子ともに健やかであることをお祝いする出産祝い。大切にしたいですね。



おむつケーキの贈り方

おむつケーキを贈るタイミング

おむつケーキの贈り方

おむつケーキの贈り方

目安は退院1週間後~1ヵ月後

おむつケーキの贈り方 一般的には、無事出産を終えて、退院した母子が落ち着いた頃に出産祝いを贈ります。

目安としては、退院1週間後~1ヶ月後です。

日本では、実際に産婦さんが退院する時期はだいたい1週間~10日です。
一番重要なことは、やはり、出産を終えたお母さんのことを気遣う気持ちです。

親しい間柄の場合には、産院に直接お祝いに伺ったりすることもOKですが、
産後すぐはまだお母さんも落ち着かず、大変かもしれないので、
顔を見たら、はやめに失礼するのが気遣いですね。
実際、産後、お化粧してお客様を迎えられるようなお母さんは少ないですし、
身なりを整えるのも大変。
産後のお母さんが気疲れしないように気をつけてあげたいですね。

もともと、お七夜(おしちや)(※注釈下)と呼ばれる、日本古来の習わしで、
産婦の回復と赤ちゃんの無事を願い、産後1週間はお祝いなどを控えたようです。


おむつケーキの贈り方

おむつケーキはある程度のサイズもあるので、
病院も近く、車での行き来が可能な人には、病院への持参でもOKですが、
退院のタイミングを見計らって、少し落ち着きはじめる産後3週間ごろに、ご自宅に贈ることで
あまり負担なく、喜んで受け取っていただけるかもしれませんね。


おむつケーキの贈り方

病院へお見舞い・お祝いに行くときは…

おむつケーキなら、生ものなどではないので、病室でも安心して飾っていただけます。

ですが、あまり大きすぎたりするとおき場所に困ったりすることも・・・。
退院時、持ち帰りの荷物になることも考慮してあげたいところです。
とはいえ、味気ない病室に可愛いおむつケーキが飾られると、ママも癒されますよね。

ポイントさえ押さえていれば、お花を持っていくよりも、実用的で喜ばれると思います。
おむつケーキの贈り方

おむつケーキの贈り方

遅くても産後1ヶ月くらいまでに・・・

お宮参り

また、出産を終えたお母さんとその家族が、
出産祝いのお返し(=内祝い)を行うのは一般的に産後1ヶ月後以降です。

日本で古くから伝わる行事・お宮参り(おみやまいり)(※注釈下)が
産後1ヶ月後であることから、この時期に赤ちゃんの名前で
出産祝いのお返しをするのがマナーとされています。

ですので、おむつケーキは赤ちゃんのご両親が内祝いのご準備をされる前、
なるべく10日後~1ヶ月後に出産祝いを贈るようにしましょう。
せっかくお返しの準備が終わった頃に出産祝いが届くと、またその方のためだけに
お返しの準備が必要になります。

マナーと言われる期限内に出産祝いの『おむつケーキ』を贈ることで、
お祝いされる側の方もお返し準備をまとめて行うことができます。
ぜひ、気をつけたいですね。



お宮参り


表示切替: 並び順:
1件中1件~1件を表示
1件中1件~1件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土・日・祝日は定休日となります

ページトップへ